THE UNIVERSITY OF TOKYO,
SCHOOL OF ENGINEERING

Construction System Management
for Innovation

東京大学大学院工学系研究科
「i-Constructionシステム学」 寄付講座

<--

受講者
募集中

第6回 i-Constructionシステム学
セミナー

2019/12/23[Mon]@本郷キャンパス 工14号館142号講義室
16:00~18:00(18:00~懇親会)
【講演者】
株式会社 富士通研究所 森田 俊彦 様
国立研究開発法人 海洋研究開発機構 山岸 保子 様


第7回 i-Constructionシステム学
セミナー
- 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門共催

2020/01/15[Wen]@本郷キャンパス 工1号館17号講義室
16:00~18:00(18:00~懇親会)
【講演者】
株式会社 フジタ 野末 晃 様
一般財団法人 先端建設技術センター 茂木正晴 様

-->
ショベルカー

Overview

概要

最新技術を
融合した
生産性向上

AI,IcT,ブロックチェーン,5G通信など最先端の情報通信技術を建設産業へ高度に融合することで生産性を飛躍的に向上することを目指します。
また事業構想・設計・施工・維持管理までの一貫した情報流通網を整え,ヒトやロボットへ動的にデータをアップデートする基盤技術を開発します。

オープン
垣根を超えた
研究活動

多種多様な業種業界が関わる建設業に適した技術開発を行うために社会基盤と精密機械工学が一体となって研究活動を行います。
さらに,様々な業界から研究員を受け入れ垣根を越えた議論を展開し,産業基盤となる協調領域における技術開発・制度設計を行います。

研究成果の
体系化と教育
システムの開発

開発したシステムの実践,アップデートができるプロフェッショナルを育成するための,i-Constructionシステム学を構築します。
誰もが学ぶことができる教育システムを開発し時代を牽引する土木技術者,機械技術者を育成します。

About

「i-Constructionシステム学」
寄付講座の趣旨

社会インフラの建設企画・調査段階から維持管理・運用段階までのプロセスにおいて、IT、IoT、空間情報処理技術、ロボット化技術等を
活用することで生産性向上を図ることが可能な i-Construction を実現するためのシステム開発を行うことを目的とする。
さらに、そのシステムを実践するプロフェッショナルを育成するため、i-Construction システム学を構築する。

研究内容・研究課題

i-Constructionを実現するための
システム開発を目指し、以下の課題に取り組む。

  • アイコン_インフラデータプラットフォームの開発とデータの利活用システムの開発

    インフラデータ
    プラットフォームの
    開発とデータの利活用
    システムの開発

  • アイコン_スペックマネジメントシステムの開発と新構造形式の創出

    スペックマネジメント
    システムの開発と
    新構造形式の創出

  • アイコン_サイバー空間における仮想建設システムの開発と新施工システムの創出

    サイバー空間における
    仮想建設システムの
    開発と
    新施工システムの創出

  • アイコン_サプライチェーンマネジメントシステムの開発と新市場の創出

    サプライチェーン
    マネジメントシステムの
    開発と新市場の創出

  • アイコン_建設生産・管理システムの再構築と諸制度の在り方の提示

    建設生産・管理システム
    の再構築と
    諸制度の在り方の提示

  • アイコン_i-Constructionシステム学の体系化と教育システムの開発

    i-Constructionシステム学
    の体系化と
    教育システムの開発

ショベルカー

Information

お知らせ